発生する損害賠償

事故自分が人身事故による被害者となってしまった場合に請求することができる損害賠償の種類として、最初に紹介するのは治療費についてです。当然ではありますが、交通事故によって受けた怪我の治療というのは、本来であれば必要ではなかったものであり、事故によって発生した者である以上損害賠償の請求対象とすることができます。基本的に事故によって発生することになった治療費については、入院費も含めて損害賠償の対象となっており、ドライバーに対して支払いを要求することができます。

ただし、この治療費についても幾つか例外が存在しています。まず入院をする必要が有る場合について、特別病室に入院する場合などです。この場合について、特別病室に入院するための費用分については本人の負担となることがあります。あくまでも「治療に掛かる最低限の費用」といいうのが損害賠償の請求対象となるためです。

また、治療のために通院が必要になってしまう場合、この際には交通費というのが発生することがあるでしょう。この交通費部分についても、人身事故の損害賠償の対象として考えることができます。これにつついてもやはり公共交通機関での金額がベースとなって計算されることになります。

 

人身事故による慰謝料

人身事故の被害者になってしまった場合、他にも請求することができる損害賠償の内容が存在しています。それが、事故によって発生した精神的苦痛に対する損害賠償です。一般的には慰謝料と呼ばれることもあるもので、これも大きな金額になる可能性があります。交通事故によって発生する慰謝料については大きく2つの種類が存在しています。

電卓最初の種類となるのが、傷害慰謝料です。これは事故によって発生した痛みや通院によって発生する手間などに対する慰謝料ということになります。基本的に通院期間や入院期間に応じて発生する仕組みとなっています。相手が自賠責保険に加入していた場合については、1日あたり4200円というように計算されます。

これに加えて、交通事故に際して発生するもう1つの慰謝料であるのが後遺障害慰謝料です。これは交通事故によって後遺症が残ってしまった場合、そのことに対する慰謝料として請求できるものです。これは後遺障害の内容によって等級が決められており、それに応じた金額が請求できるようになっています。非常に大きな障害である1級として認定された場合、自賠責であっても最大1800万円程の損害賠償請求が可能になっています。

交通事故被害なら弁護士相談するようにしてください。慰謝料金額や治療のことを考えると1人で行うことはとても難しいです。無料相談を受け付けているところもありますので、そちらも活用をしてみてはいかがでしょうか。


人身事故と慰謝料

骨折外を出歩いているだけでも、日常生活には危険が存在しています。その危険の一つとして考えることができるのが、人身事故です。自分に全く非がないとしても、交通事故の被害者となってしまう可能性は全く捨てきることができるものではありません。一口に交通事故といってもその度合には様々な振れ幅がありますが、重要なのはもし自分が被害者になってしまった場合のことを考え、ある程度の知識を知っておくということです。それでは、実際に自分が交通事故の被害者となってしまった場合、考えるべきこととしてはどのようなことがあるのでしょうか。

自分が交通事故の被害者になってしまった場合に知っておきたいポイントの一つとなるのが、様々な損害賠償を請求することができるという点についてです。交通事故の内容によってはドライバーは刑事罰で裁かれることになりますが、それとは別に民事による損害賠償請求を行なう事が可能です。それでは、どのような内容の損害賠償を請求を行なうことができるのでしょうか。

これについては、肉体的損害・金銭的損害に対する賠償の請求と、精神的苦痛に対する損害の賠償請求を挙げることができます。後者については慰謝料という名前で呼ばれることもあります。交通事故によって受けることになる傷は多く存在しており、これらに対して一つ一つ賠償の請求を行なうことができるということです。それでは、どのような内容の傷が損害賠償の請求対象として考えられるのでしょうか。